平屋の屋上について

平屋住宅にとっては、屋上部分は意外と重要な箇所です。なぜならその箇所は、住宅の快適性には大きく関わってきます。住み心地の良い住宅に居住したいと望むなら、屋上に対して一工夫凝らしてみると良いでしょう。

 

 

 

 

例えばその箇所に対して、緑化などを行ってみる選択肢があります。その箇所に、様々な植物などを植えるやり方があるのです。いわゆる屋上緑化という表現が用いられる事が、とても多いです。

 

 

 

 

屋上緑化に窓のようなメリットがあるかというと、まず直射日光に関する事柄です。そもそも夏の時期になりますと、住宅内部はかなり温度が高くなってしまう事があります。日本の夏は非常に暑いですが、もちろん天井部分に差し込む直射日光が一因です。

 

 

 

 

ところが屋上部分に対して緑化の施工を行っておきますと、植物がそれら遮ってくれる訳です。温度が一定程度で安定する傾向がありますので、それだけ住宅内部が快適になると期待できます。

 

 

 

 

また夏だけではありません。冬の時期なども、自宅の内部から暖気などが発散されてしまうのを防止する効果も期待できます。それで光熱費の節約なども望めますので、屋上緑化は悪くない選択肢の1つです。

 

 

 

 

また屋上緑化は、耐久性に関する特長もあります。そもそも雨水や紫外線などは、住宅の耐久性を低くしてしまう傾向があります。雨水などは、住宅に対する脅威の1つなのです。

 

 

 

 

ところが緑化を行っておきますと、それを防いでくれる訳です。必然的に平屋住宅の耐用年数が長くなる訳ですから、それだけ長く居住できるようになります。

 

 

 

 

また住宅の屋上に対する太陽光発電も悪くありません。屋上緑化と太陽光を組み合わせる方々などは、最近は増えてきています。当然それは居住コストも節約できる訳ですから、メリットはとても大きいです。

 

 

 

 

このように平屋住宅の屋上部分を上手く活用すると、かなり居住性も高まる傾向があります。住み心地を良くしたいと望むなら、工夫してみると良いでしょう。

平屋住宅に関する工務店の1つに、一条工務店があります。

 

 

 

そのお店による住宅には、様々なメリットがあるのです。

 

 

 

 

まず1つ目ですが、断熱性に関する大きな特長があります。そもそも住宅の快適度などは、断熱性が優れているか否かに左右されるでしょう。その性能が良ければ、夏は涼しくなる傾向があります。また冬の時期も、暖かに過ごすことができる訳です。

 

 

 

 

そして一条工務店による平屋住宅の場合は、業界随一の断熱性を誇っています。業界でも、かなり評価が高いのです。それだけ快適に居住できる可能性が大なのが、このお店の住宅の魅力と言えます。

 

 

 

 

またそれに伴う省エネ性能にも、大きな特長があるのです。そもそも夏に涼しい住宅なら、必要以上にエアコンの温度を低くする必要もありません。

 

 

 

 

当然それは、光熱費の節約にもなるのです。冬も同様ですね。ですので省エネを望むならば、一条工務店の平屋はおすすめと言えます。

 

 

 

 

また一条工務店の場合は、最初から様々な設備が完備されています。そもそも他の工務店の場合は、居住に必要な様々なオプションなどを、別途で注文しなければならないケースも多々あります。

 

 

 

ところが一条工務店の場合は、そのオプションに相当する様々な設備が、最初から備わっているのです。オープンキッチンや食器洗浄機なども、殆どの住宅には最初から完備されています。それだけ住み心地の良さも期待できる訳です。

 

 

 

 

また一条工務店には、価格に関する特長もあります。上記のように優れた住宅でも、やはり値段が高めで、ハードルが高くなってしまいます。しかしこの工務店の場合は、値段もかなりリーズナブルに設定されていますので、それだけ安心して購入できるでしょう。

 

 

 

 

また一条工務店という会社の信頼度に関する魅力もあります。この工務店の場合は、創業年数が非常に長いです。

 

 

 

 

創業されてから、既に30年程度が経過していますが、不動産会社としてはかなり長めと言えます。それに伴う安心感も、一条工務店に関する魅力と言えます。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:12:18

日本の一戸建て住宅の主流が2階建てになった背景には、核家族化と共に子供に個室を与えるという欧米風のライフスタイルが拡大したことが挙げられます。

 

 

 

かつて平屋だった住宅に二階部分を増築することから始まり、限られた敷地に各人のプライバシーを備えた家を作ろうとした結果、郊外の二階建て住宅は若い世代の憧れであり、ステイタスとなりました。

 

 

 

 

高齢化が進む現在において、かつて子育ての舞台となった二階建てを、子供が独立し夫婦二人で新たなスタートを切る為の平屋住宅に建て替える例が増えています。年を重ねるごとに否応なく足腰が弱って来る老後に二階建て住宅を管理するのは厳しくなります。

 

 

 

夫婦二人で老後をゆっくり過ごすには平屋住宅は理想の住まいと言えます。平屋住宅は住宅丸ごとのバリアフリーが実現できる、高齢者に優しい住まいなのです。

 

 

 

 

高齢者に優しいだけではなく、子育てにおいてもメリットのが多いのが平屋住宅です。個室を与えることのデメリットや、リビング学習などが話題にもなっています。

 

 

 

家族がいつも一緒に過ごす事で、健やかな心が育ちます。また、個室が必要になった時に二階を増築したり、小屋裏を個室として使うという提案も増えています。

 

 

 

 

住友林業で勧める平屋プラン「GRAND LIFE」は、子育て世代から高齢者世帯まで、家族の様々な変化に対応できるプランの揃った100年住宅。全ての部屋が一階にあるからこそ、いつも自然を感じられる暮らしが実現できます。

 

 

 

 

住友林業の住まいは材料からこだわっており、四国を始め北海道、九州、本州に保有する広大な自社の森林で育まれた材木は、日本の気候に適応した家を作るのに最適な材料です。

 

 

 

 

木造だからこそ、将来の変化に臨機応変に対応する増改築が可能になるのです。

 

 

 

 

木の家の心地よさは長く住む程に分かります。素肌に触れる木の温もりは、日本の住まいには不可欠。それは日本古来の住宅スタイルに近い趣を持っています。

 

 

 

 

ただひたすらに欧米化へ転換していた時期は終わり、日本独自のスタイルが今再び見直されているのです。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:09:18

平屋住宅によっては、サンルームと呼ばれる箇所があります。

 

 

 

 

サンルームは、いわゆる出窓のような形状をしているのです。住宅の一部分が少し外にせり出した形をしていて、太陽光が差し込みやすい構造になっています。

 

 

 

 

そのルームには様々なメリットがありますが、例えば洗濯物に関する事柄です。そもそも洗濯物を干すにしても、なかなか外に出すのが難しい事もあるでしょう。雨が降ってくる事を想定しますと、物干しざおに洗濯物をかけるのも、少し不安ですね。

 

 

 

 

ところがサンルームの場合は、天候は関係ありません。全天候型の太陽光が当たるスペースなので、安心して物を干すことができるメリットがあります。

 

 

 

 

それとサンルームには、暖房代に関するメリットもあるのです。そもそも冬の時期になれば、やはり暖房代なども高く付く傾向があります。日本の一部の地域は、冬はかなり寒くなってしまいますので、光熱費は軽視できない一面があります。

 

 

 

 

ところがサンルームというパーツを取り付けておきますと、室内温度を高められる事が多いのです。もちろんエアコン代などは、十分に節約する事が可能です。ですので冬の光熱費が心配な時には、サンルームは悪くない選択肢の1つと言えます。

 

 

 

 

またサンルームには、花粉症に関するメリットもあります。春になると花粉症で悩む方々も増えますが、ルームを設置しておくと、症状に悩む確率も減少する傾向があります。毎年の春が大変ならば、ルームを設置するのも一法です。

 

 

 

 

このようにサンルーフには様々なメリットがありますが、水に関する事柄は要注意です。サンルームは室内温度を高められる事は多いのですが、構造次第では雨漏りをする事もありますので、細心のチェックが必要でしょう。また壁ぎわに何かの問題があると、そこから水が入ってくる事もありますので要注意です。

 

 

 

 

逆にその雨漏りに関する事柄を徹底して気をつけておけば、それほど大きな問題はありません。むしろ住宅がかなり快適になるので、そのルームを設置するメリットは大きいでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:06:18

「平屋」とは、2階の無い家の事です。平屋の人気は高いのですが、都会では土地や日照の確保という点から難しいのが現状です。しかしながら、平屋にはメリットがたくさんあります。

 

 

 

 

@ワンフロアの構造ですから、移動が楽だといことです。同じフロアですから、動線も短かく掃除が楽。家事・育児を考えた場合、1階で必要な用事を済ませることができます。

 

 

 

 

A 孤立する空間がなく、家族がリビングに集まり やすく暖かい雰囲気が生まれます。

 

 

 

 

B階段がない分、収納場所を増やすことができますし、階段のスペースや2階のホール分のスペースも必要ないので、建築コストも 安くすみます。

 

 

 

 

C設計上からにも、平屋は構造的にも強いといえること。2階建てに比べて高さが低いため構造的にも強く、台風などの災害にも耐える住宅です。

 

 

 

 

Dフロアが同じということはバリアフリーが達成しやすく、老後に階段を上がって寝室へという困難さもありません。高齢化社会を考えた場合、バリアフリー改装についても、その対応は平屋の方が費用が少なくて済みます。

 

 

 

 

Eメンテナンスしやすい
外壁修理時においても、短いはしごだけで簡単に屋根に上がることができ、作業が楽。その分、コストが安くすみます。

 

 

 

 

F個室や空間で眠りたい場合には、ロフトをつければいいでしょう。天井を高くすれば開放感が出ますし、ロフトは多目的に使用できます。

 

 

 

 

このようにメリットがたくさんある「平屋」ですが、都会では、「周囲の視線が気になる」とか「日当りが確保しにくい」などということが多く、ある程度の土地の広さがどうしても必要になってきてしまうことが、デメリットでしょう。

 

 

 

 

また、平屋住宅の場合は、防犯には、特に心がけなければならないということです。その分のセキュリティ費用は、2階建て住宅よりは、費用がかかるでしょう。

 

 

 

 

都市部では、「平屋」は若干、分が悪いですが、もし、ある程度の土地が確保できるならば、シンプルに暮らせ、災害リスクも少ない「平屋住宅」はおすすめです。特に、高齢者また、子供が小さい時の子育てにも最適でしょう。

続きを読む≫ 2016/08/18 10:04:18